阿波藍 阿波藍×未来プロジェクト

最新ニュース

このまちの色阿波藍アートプログラム

このまちの色

阿波藍の染め出す色をもっとくらしの中に。

凛とした美しさと手に馴染むやさしさ。
もっとくらしに取り入れたくなる藍染作品を募集します。
選定作品はこの秋徳島で開催される国民文化祭で展示し
購入を希望される方の手にわたってまちの中へ出ていきます。
徳島らしい美しい色のあるまちへ。



▼ 「このまちの色」展

“このまちの色”とは阿波藍の染め出す美しい色のこと。くらしの中に取り入れたい藍染作品を公募・展示します。全ての作品が展示終了後に販売可能です。
展示日時 平成24年9月1日(土)18:40〜21:00
平成24年9月2日(日)〜17日(月・祝)9:30〜17:00
休館日 平成24年9月3日(月)・10日(月)
展示場所 文化の森総合公園 県立二十一世紀館イベントホール(徳島市八万町向寺山)
入場 無料
主催 文化庁 徳島県 第27回国民文化祭徳島県実行委員会 文化立県とくしま推進会議
共催 県立二十一世紀館


▼ オープニングセレモニー

太鼓の響きと阿波おどりのぞめき。阿波藍から始まる国民文化祭のオープニングセレモニーは、にぎわう宵の演出で開催します。
開催日時 平成24年9月1日(土)18:00〜18:40
開催場所 文化の森総合公園 県立二十一世紀館エントランスホール(徳島市八万町向寺山)
入場 無料
主催 文化庁 徳島県 第27回国民文化祭徳島県実行委員会 文化立県とくしま推進会議
共催 県立二十一世紀館


▼ 「このまちの色」展の藍染作品募集

作品募集は終了いたしました。多数ご応募いただきありがとうございました。
募集要項は下記のとおりです。
募集内容について

応募テーマを選んでご応募ください。

テーマ①“手もとのもの”
  いつも持ち歩く手もとのもの。たとえば拭くもの、包むもの。
テーマ②“共にくらすもの”
  日々のくらしに寄り添うもの。たとえば装うもの、使うもの、もてなすもの。
テーマ③“心をおくるもの”
  ひとからひとへ、心をこめて贈られるもの。

募集期間 平成24年4月16日(月)〜平成24年6月22日(金)※最終日必着
応募作品規定 1.使用する藍染料は阿波藍(徳島のすくも)のみとします。
2.安全性を考慮した上で販売可能なものとします。
3.販売用パッケージを含めた応募も可能です。
4.これまでに発表・販売されているものでも応募可能です。
5.他者の知的財産権を侵害しないものに限ります。
6.壊れやすいものや展示管理が困難となるものは保証の責任を負いません。
7.主催者による出展作品の展示、発行物・出版物・パブリシティ掲載への使用について同意したものとします。
応募資格 1.展示後の購入希望に応じて制作販売が可能な方。
2.グループ・団体での応募が可能です。
応募方法 1.応募は指定の応募シート(ページ下部よりダウンロード)によるものとします。選定後の展示には実際の作品を搬入していただきます。
2.応募作品は実際に制作可能なものとしてください。
3.同じテーマへの複数応募が可能です。
4.複数のテーマに応募することも可能です。
5.複数の応募をする場合には、それぞれ応募シートを分けてください。
6.必要事項を記載した応募シートに作品写真又はイメージ図を添付して下記応募先あて郵送してください。
7.添付する写真、イメージ図の裏側には応募者の住所・氏名を記載してください。
8.提出された写真、イメージ図は返却いたしません。
9.お預かりした個人情報については、事業運営にのみ使用し、「国民文化祭課」にて管理いたします。
応募先・お問合せ先 770-8570 徳島市万代町1丁目1番地
徳島県県民環境部文化スポーツ立県総局 国民文化祭課内
「このまちの色」担当 あて
TEL088-621-2343 ファクシミリ088-621-2819
出展作品の選定 1.応募作品の中から、テーマ①が20点、テーマ②とテーマ③を合わせて約30点、計50点を選定します。
2.応募シートの内容に基づき、選定委員会において選定を行います。
3.選定結果は7月上旬に応募者あてに通知します。
4.選定された出展作品には、出展費用として1点あたり1万円の補助があります。その他経費は出展者の負担となります。
注意点 1.展示会場内での直接販売を行うものではありません。
2.応募作品規定又は応募資格を満たさないことが判明した場合には、出展を取り消すことがあります。
3.不慮の災害・事故による出展作品の破損・亡失等については責任を負いません。
4.知的財産権の侵害による問題が発生した場合は、出展者がすべての責任を負うものとします。
作品展示の
日程等について
1.展示会場  文化の森総合公園 県立二十一世紀館イベントホール
        (徳島市八万町向寺山)
2.展示期間  平成24年9月1日(土)〜平成23年9月17日(月・祝)
3.搬入・設営・搬出
  1)搬入日 平成24年8月29日(水)〜30日(木)
  2)設営日 平成24年8月29日(水)〜31日(金)
  3)搬出日 平成24年9月18日(火)〜19日(水)
  4)搬入・搬出の作業は出展者で対応していただきます。
  5)主催者により出展者ごとにスペースを割り当てて展示します。
ダウンロード このまちの色募集要項.pdf  このまちの色応募シート.pdf
主催:文化庁 徳島県 第27回国民文化祭徳島県実行委員会 文化立県とくしま推進会議

阿波藍アートプログラム

徳島で阿波藍を学んだローランド・リケッツが提案する参加型アートプログラムです。
全国で染め出された藍の色が、生まれ故郷の徳島に再び集まり、阿波藍の持つ感動と携わる人の想いを伝えます。
「移動展開」と「屋内展示」、それぞれの大型インスタレーションを構成する藍染め布(約2m×1.6m)200枚以上は、徳島のすくも“阿波藍”にこだわりを持つ全国の染師の協力によるものです。

 徳島の土で“藍葉”を育てる栽培農家
 藍葉を“すくも(阿波藍)”に仕上げる五件の藍師
 そのすくもから“美しい色”を巧みに染め上げる全国の染師
 染め上げられた美しい色に“感動”する人々
 この一人ひとりがいて、みんながいるから、いま阿波藍があります。
 I am 藍, We are 藍.


ローランド・リケッツ Rowland Ricketts
インディアナ州ブルーミントン在住。インディアナ大学美術学科助教授。
藍栽培から始まるすくも製造と藍染めの技を徳島で学び、それぞれをアメリカで実践しながらアーティストとして創作活動を続けている。また、インディアナ大学では「寝床(藍葉を発酵させる建物)」を建設するプロジェクトが進行中。2012年から本格的なすくもづくりが始まる。


阿波藍アートプログラムの詳細情報は、こちらのサイト(http://iamai.jp)をご覧ください。

主催:文化庁 徳島県 第27回国民文化祭徳島県実行委員会 文化立県とくしま推進会議

コンセプト | 阿波藍について | これまでの取り組み | PRグッズ

第27回国民文化祭・とくしま2012「阿波藍×未来形」プロジェクトに関するお問い合わせ先
〒770-8570 徳島市万代町1丁目1番地
徳島県県民環境部文化スポーツ立県局 とくしま文化振興課内 文化立県とくしま推進会議
電話088-621-2114 ファクシミリ088-621-2819

阿波藍アートプログラム2012 I am 藍, We are 藍.>>
(c)2010-2012「阿波藍×未来形」プロジェクト 阿波藍再考 藍千 All Rights Reserved.
このページのトップへ